活動内容

団体名 鎌倉だいこん未来研究クラブ
代表者 さとう えだ
連絡先 0467-22-1377
事務局 鎌倉市佐助1-13-13 (福来鳥内)
活動内容

鎌倉大根は日本の食文化の発信地。 人々が輝く鎌倉大根を作っていく。

会則

鎌倉だいこん未来研究クラブの会則

第1条(名称)
本会は、鎌倉だいこん未来研究クラブと称する。

第2条(目的)
鎌倉市(海辺)の在来作物の存在と意義を見つめ直すことを 通して地域文化の再発掘や安全で豊かな食生活の提言、 さらには地域独自の資源を生かした食品関連産業の活性化に 貢献することを目的とする。

第3条(活動内容)
本会はその目的を達成するため次の事業を行う。
1.研究発表会、シンポジウムその他の会合の開催
2.関連情報の収集及び発信
3.その他、本会の目的を達成するために必要な事業

第4条(会員)
本会は、普通会員、ボランティア会員及び賛助会員を持って構成する。
普通会員、ボランティア会員は本会の目的に賛同する個人とする。
賛助会員は本会の目的に賛同し会の発展に協力する組織とする。

第5条(運営)
1.本会は、第3条の事業を行うため、次の役員をおく。
   会長 1名、副会長 1名、幹事 数名、会計 1名、会計監査 1名
2.会長および会計監査は普通会員の中から選出する。副会長は、普通会員 の中から委嘱する。役員の任期は2年とする。
3.会長は本会を代表し、総会で議決された方針に沿って会務を総括する。
4.副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその代理をつとめる。
5.幹事は、会長の意を受けて必要な会務を処理する。会計監査は会計を 監査する。
6.会長及び副会長は、幹事会に出席できる。

第6条(総会)
本会は年一回通常総会において次の事項を審議決定する。また、 必要に応じて臨時総会を開催することができる。
1.会則の変更
2.役員の選出
3.事業報告および会計報告
4.事業計画

第7条(会費)
本会の年会費は、正会員2,000円、賛助会員20,000円とする。

第8条(会計年度)
本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

付則1 本会則は、2016年8月22日より発効する。

付則2 本会の事務局は、鎌倉市佐助1-13-13 福来鳥内に置く。